『楽天銀行スーパーローン』カードもおまとめローンでも!※審査・申込窓口※

返済が遅れてしまった場合

2016年01月14日 21時04分


キャッシングを利用する上で一番信用を失うのが毎月の返済に遅れてしまうということです。個人の返済能力を信用してお金を貸し付ける金融機関にとっては問題であり、理由はどうであれ一日でも遅れた場合には気づいた時にすぐに電話などで連絡を入れる必要があります。

基本的には返済が遅れることで延滞金がついたり、時にはカード自体の利用ができなくなったり、何度も返済が遅れる場合には利用残高を一括で返済するように求められることもあります。

返済が遅れてそれでも返済をしない場合には所謂ブラックリストというものに記録され、この記録は一度されてしまうといつ消えるのか正確にはわからないので自分の信用情報を傷つけてしまうことになり、その後新たなローンを組むことが難しくなりクレジットカードなどの審査も通らなくなってしまいます。

最近では過去に起こした金融事故によってスマートフォンの割賦審査に通らなくなり、一括でスマートフォンの代金を支払うことが出来なければ契約そのものが出来ないという人も少なくありません。
 

楽天スーパーローンの返済が遅れた場合にはどうしたらよいのか


楽天スーパーローンの返済が遅れた場合には3種類の方法で気づいた時に当月分をすぐに返済しましょう。
返済が遅れた場合の返済方法は振込口座へ振り込む、提携ATMから返済する、インターネット返済で返済する、の3種類です。

銀行振込での返済の場合は個人専用の返済口座があるので楽天銀行カードセンターに連絡をして指示をもらいましょう。

他のカードローンでも同じことが言えるのですが楽天銀行スーパーローンでも一日でも返済が遅れることでしっかりと記録が残り、これは口座振替の口座残高が1円足りなかったというだけでも理由にはなりません。延滞の記録が残ることによって利用限度額を増額したい場合や金利の引き下げを希望する時などは不利になり、時には利用限度額を下げられる可能性やカードが停止されてしまう可能性もあります。

うっかり返済を忘れてしまったのか返済するお金がないのかにもよるのですが、借り入れをする時にしっかりと返済企画を立てることが信用を傷つけないようにする為には必要深穴なこととなります。